<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Category
Archives
Recent Comment
  • 名刺作りました。
    市村 (04/22)
  • イラスト フリー素材の利用にあたって。
    細川 (12/10)
  • イラスト フリー素材の利用にあたって。
    acchan (12/08)
  • イラスト フリー素材の利用にあたって。
    (08/17)
  • イラスト フリー素材の利用にあたって。
    NASIO (05/23)
  • イラスト フリー素材の利用にあたって。
    おかぴぃ (12/10)
  • イラスト フリー素材の利用にあたって。
    ミ猫 (07/15)
  • イラスト フリー素材の利用にあたって。
    ほしたつ (05/16)
  • イラスト フリー素材の利用にあたって。
    かいほ (01/19)
  • イラスト フリー素材の利用にあたって。
    kado (08/30)
Profile
Links
Search
Admin
Mobile
<< DVの無い社会をめざして2012 | main | 野村満花城生誕125年記念茶会 >>

せんたくの夜明け

平成24年度 県民提案型消費生活向上事業
市民が変われば 地域が変わる

せんたくの夜明け
(効率化、経済性を目的に構築された社会からより住み良い地域社会を目指して)

せんたくの夜明け

せんたくの夜明け

日時
12月9日13:00−16:30

場所
富山県総合福祉会館 サンシップとやま

入場無料

今わたしたちはこの社会が何の為に作られているのか?
何を基本に作られているのか?

そんな素朴な疑問を改めて抱きつつあります。
それは豊かさの本質に気づき始めたからに他なりません。
そして自分たちが住み良い社会、自分たちが理想とする社会を模索し、考え、話し合い、具体的な行動をはじめて行く時が来ています。
これはこの世界に生まれ、次世代へと社会をつなげて行く大人としての責任です。
わたしたちは、このような視点に立って、もう一度、 自分たちの生活の価値を練り直すとともに、 社会のしくみを生活者の発想に基づいて再編する新しい波をおこすことが必要だと考えました。

富山県内でも、地域に住んでいる市民が自発的に、自立して様々な新しい課題に対して市民の視線での取り組みが起こって来ています。
しかし、その取り組みはまだまだ一部の活動にとどまっているのが現状です。
活動をしている側は良いことをしているのだから分かって当たり前、なぜ応援してくれないのだろうと思っています。
日々起こる目前の課題を優先して、自分たちの活動を広報したり活動の基本的な考え方を啓蒙する時間をとることが出来ないでいます。
地域に住んでいる市民としては「世界的な活動や、日本国内での先進的な事例をマスコミ等で、見聞きはするが、自分の住んでいる地域でもそんな活動があればいいのに」と言う声をよく聞きます。

わたしたち実行委員会はこの現状を変えることが必要だと思っています。
そこで「せんたくの夜明け2012」実行委員会を立ち上げ地域で活動をしている個人、団体の方と地域に住んでいる市民が出会う場としてのフォーラムの開催を計画しています。
フォーラムでは、「消費者のせんたくが変れば地域が変る」をスローガンとし、県内で活動を計画していたり、活動を実際はじめている方々をスピーカーとして次々登壇して頂き、会場へ集まった市民の方が応援したい活動に投票を行います。

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
-
承認待ちのトラックバックです。
  • -
  • 2012/10/30 6:00 AM
  •