<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Category
Archives
Recent Comment
  • 名刺作りました。
    市村 (04/22)
  • イラスト フリー素材の利用にあたって。
    細川 (12/10)
  • イラスト フリー素材の利用にあたって。
    acchan (12/08)
  • イラスト フリー素材の利用にあたって。
    (08/17)
  • イラスト フリー素材の利用にあたって。
    NASIO (05/23)
  • イラスト フリー素材の利用にあたって。
    おかぴぃ (12/10)
  • イラスト フリー素材の利用にあたって。
    ミ猫 (07/15)
  • イラスト フリー素材の利用にあたって。
    ほしたつ (05/16)
  • イラスト フリー素材の利用にあたって。
    かいほ (01/19)
  • イラスト フリー素材の利用にあたって。
    kado (08/30)
Profile
Links
Search
Admin
Mobile
<< ワンプレート | main | アートで恋活 >>

セミナーのお知らせ ボードゲームで学ぶ企業経営

ヤマシナ印刷株式会社では、当社主催のセミナーを開催致します。
どなたでも参加可能です。
詳細をご覧下さい。

ボードゲームで学ぶ企業経営

日時:9月16日(木) 9時〜12時
場所:ヤマシナ印刷(株)
   富山県小矢部市鷲島37-2 TEL 0766-67-0627

■講師紹介

福井 信英

 株式会社プロジェクトデザイン 代表取締役
 東洋経済オンライン コラムニスト
 GIFT-Japan事務局 メンバー
 富山県立富山中部高校卒 慶応義塾大学商学部卒

株式会社プロジェクトデザイン 福井信英

ビジネスに興味があり大学3年次にベンチャー企業で働き始める。そこでの経験を通じ、小規模事業主にとっての営業とマーケティングの重要性を実感。大学卒業後は経営コンサルティング会社に就職。
その後、学校法人のコンサルティングを手がけたことをきっかけに、採用・人材育成支援を行う(株)ジョブウェブに転職。以降、新卒事業部長、キャリア支援事業部長を歴任。中でも体感型の研修コンテンツの作成に力を入れ、東証一部上場企業及び、急成長中のベンチャー企業を中心に、開発したコンテンツが続々と導入される。
2010年、株式会社プロジェクトデザインを設立。

▼月間10万PVを超える個人Blog 人と組織とfukui'sblogを運営。
 URL http://fukui.livedoor.biz/


今回用いるのは、企業向けの研修ゲーム「THE・商社」です。

【内部環境の理解】
このゲームはチーム戦です。1チームあたり4〜6人でグループを組み、それぞれ特徴のある商社を受け持ちます。自チームが受け持つ、商社の特徴(内部環境)をいち早く理解し、それを活かした戦略を描くのが勝利に向けたひとつのキーになります。

【ビジネスを成立させることで、新たなビジネスチャンスを掴む】
各チームにはビジネスのネタとなる「ビジネスカード」、ビジネスを成立させるために必要な「資源カード」、若干の資金が配られます。これらのカードや資金は「他チームとの交渉」か「ビジネスを成功させる」ことでしか得られません。
知らず知らずのうちに、様々な交渉技術が駆使されるようになります。取引先とのwin-winを実現するスキームをいかに描くか。それがこのゲームのポイントです。

カードゲーム the 商社

【変化する環境を利用する力が身につく】
経済系のゲームの共通点は、最初は資源に限りがあるものの、打ち手がうまくなれば資産が増え選択肢が増えること。
小さな成功をもとに、大きな挑戦をする。この図式は現実のビジネスでも同じです。事前にゲームで経験を積んでおけば、実際のビジネスでも、いま何をすべきタイミングなのか、客観的に考えることができることでしょう。

【「成功の方程式」を探すようになる】
どんなビジネスでも、成功している人は自分なりの「成功の方程式」を持っています。投下するコストに対して、リターンが計算できるからこそ、他の人がやらないことを地道に続けることができる。あるいは思い切った予算をかけることができる。
どんなゲームにも、「成功の方程式」があります。それをいちはやく見つけ、利用することができればゲームは勝つことができます。この「成功の方程式」を見つけ出す訓練に役立つことでしょう。

【数字と論理でものごとを考えるようになる】
ゲームには運の要素もつきものですが、どんな打ち手が多くのリターンを得られるのだろう。というちょっとした計算をする人が中長期的には強いです。

他にもメリットはありますが、ゲームを利用したビジネスシミュレーションはMBAなど専門教育を行うところでも積極的に取り組まれています。
是非、楽しむために、学ぶためにこの機会を活用頂ければと思います。

チラシ(PDF)はこちら
チラシ ボードゲームで学ぶ企業経営


〈問合せ〉
山科 森(やましな しげる)
携帯:090-8097-8028
Mail:shigeru.yamashina@gmail.com

コメント
ツイッタ―ではお世話になっています。平日ではなく週末なら可能だったのですが。。
承認待ちのコメントです。
  • -
  • 2011/11/09 10:51 AM
  •  
承認待ちのコメントです。
  • -
  • 2011/11/09 10:52 AM
  •  
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック