<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Latest Entry
Category
Archives
Recent Comment
Profile
Links
Search
Admin
Mobile

オリジナルクリアファイル印刷

オリジナルクリアファイル印刷

オリジナルクリアファイル

オンデマンド印刷を利用したオリジナルクリアファイルを制作致します。
1枚から制作可能。

単価300円

メルギューくん年賀状 馬

小矢部市のシンボルキャラクター
メルギューくんの干支バージョン(馬)です。

いろんなバリエーションが可能です。
ご相談ください。

メルギューくん年賀状 馬

メルギューくん年賀状 馬

メルギューくん年賀状 馬


製作:アメタニ

日本社会福祉デザインセンター 馬イラスト

年賀状のイラスト

障害(ハンディキャップ)の有無に関係なく、評価を与えられる場所の創造を目指し、デザイン分野を中心とした就労支援施設「日本社会福祉デザインセンター」で学んでいる方の作品です。

利用ご希望の方は、ご連絡ください。

▼サイトはこちら
http://nsdc.vivian.jp/


日本社会福祉デザインセンター 馬イラスト

日本社会福祉デザインセンター 馬イラスト

日本社会福祉デザインセンター 馬イラスト

日本社会福祉デザインセンター 馬イラスト

ヤマシナ印刷 DTPオペレーター横山が紹介されました。

ヤマシナ印刷 DTPオペレーター横山が紹介されました。

横山健一紹介

地域の人と人、人と企業、企業と企業をつなぐコミュニケーションの架け橋となるサービスを提案し続けることです。もちろん私自身も、長くお客様の期待に応えられるように努力していきますが、とにかく現場が大好きなので、しっかりと仕事をこなして、長く第一線で働いていたいです。…

▼詳細はこちら
http://www.bit.urayama.ac.jp/information/2013/03/-vol3.html

プロボノの輪広がる 北日本新聞掲載

プロボノの輪広がる

弊社専務の記事が掲載されました。

プロボノの輪広がる 北日本新聞掲載

北日本新聞
平成25年2月19日 朝刊

年賀状印刷承ります。

年賀状印刷承ります。

ヤマシナ印刷株式会社では、恒例のメルギューくんと干支を組み合わせた年賀状を製作します。

2012年賀状

2012年賀状

2012年賀状

LiTa Oyabe プレオープン中

ヤマシナ印刷2Fに
コワーキングスペース(コミュニティスペース)
LiTa Oyabe(仮名)がプレオープンしました。

LiTa Oyabe プレオープン中

プレオープン期間の料金
100円/日

営業時間(基本)
8:00〜18:00(見学無料・別途利用要相談)

分かち合い、与え合い、共感し合うシェア社会に向けて地域のアーティストを支援し、プロボノ活動やマイプロジェクトを推進するための活動拠点及び情報発信基地を目指します。

設備
ワークスペース(机)
ビジネス書
パソコン(イラストレーター利用可)
無線ラン
ワンコインドリンクサービス 等

朝活朝市@福野

朝活朝市@福野

朝活朝市@福野

2012年1月29日 7:00〜10:00
場所 樫亭(富山県南砺市福野1328-1)

【第2回朝活・朝市テーマ】
第2回のテーマは年内最初のテーマは「今年一年の目標設定」です。
2012年が始まって1ヶ月が経とうとする1/29ですが、【今年の目標】はできていますか?
・できていない方は、朝早起きした頭で、会場の皆と刺激しあいながら考えてみましょう!
・すでにできている方も、ブラッシュアップを目指し、もう一度目標を見つめ直してみましょう!

【駐車スペースについて】
福野中学校の駐車場を借りるように依頼してあります。
朝活朝市の会場である【樫亭】まで、徒歩5分以内でつけます。(予想3分以内)
朝から走るぞ!って人は1分もかからない距離です!

【朝活・朝市とは】
朝活のセカンドステージ。「朝活・朝市」
富山ならではの、新しい「朝」の活用方法を提案し、
異世代間の「人」の交流と、地域の本物情報の掘り起こし、
大人の「学び」場を創造する。

【朝】をキーワードとした「朝活」と「朝市」の活動を繋ぎ、朝の時間を有効活用して楽しむ富山の新たなブームを生み出します。

簡単にいうと、朝市の会場で朝活を開催する。

そうすることで、
・朝活は30代前後のビジネスパーソンが多い。朝市は60代の主婦が中心。
・朝活の課題である、場所と新しいニーズの掘り起こし。
・朝市の出店者への新しい刺激と喜びの創造。
・異世代間の「人」の交流ができる接点をつくる。
・朝活の朝食・飲み物を朝市で調達。
・フードコーディネータがメインとなり、朝市の開催されている地域の特産品を使った商品開発を同時に行う。

朝市の横で、スーツ姿のビジネスマンが、朝活をしている風景は、富山ならでは!にしたいですね。

ジャンクラー!

次回のそっとほっと通信の弊社広告

そっとほっと通信 広告

イエス!ジャンクラー!
http://jancler.jimdo.com/

富山カレーフェスタ2011

富山カレーフェスタ2011にて
弊社、大浦ビジネスマシンさま、AtionONEさま等と
ありがとう新聞を発行します。

ありがとう新聞って何?(プロボノ活動)
http://oyabelocalmail.blog27.fc2.com/blog-category-4.html

富山カレーフェスタ

▼詳細はこちら
富山カレーフェスタ2011公式サイト
http://currycurry.net/

喪中ハガキ承り中

喪中ハガキ承り中

喪中ハガキ

各種デザインご準備しています。
お気軽にお問合せ下さい。

2012年年賀状デザインを募集します。

ヤマシナ印刷では、2012年年賀状デザインを募集します。

年賀状デザイン募集

必要事項を記入の上、次のいずれかの方法でご応募下さい。

<必要事項>
1.氏名 2.住所 3.電話番号 4.E-mail

【画像データの場合】
ファイル形式/JPEG形式
100mm×148mm、解像度150dpi以上
※拡張子を必ずつけて下さい。
※ファイル名は必ず半角英数字を使用して下さい。
※採用が決まりましたデザインについては、高解像度画像・編集可能画像(Illustrator・Photoshop等)でデータを再度お送りいただきます。

【手書きの場合】
折り目や汚れがつかないように取扱い・郵送時に注意して下さい。

データをCDやUSBで手渡しできる状態にするか下記のメールアドレスへ画像を添付して送信して下さい。
応募先 E-mail/info@yamasina-print.co.jp

【賞金】
採用につき図書カード500円分

【応募締切】
平成23年10月31日(土)

【採用点数】
5点

採用作品は2012年年賀状や販売促進デザイン、ホームページ等に利用します。不採用となった作品に関しましては、無断使用・転載・流出などは一切いたしません。審査終了後に破棄させていただきます。採用決定後の作品については、印刷用画像への変更のため、デザイン・レイアウト・イラストの修正をお願いする場合がございます。

採用作品の著作権はヤマシナ印刷株式会社に帰属します。(採用賞金の図書カード500円分には版権代を含みます。)応募いただいた作品が著作権その他知的財産権、肖像権、パブリシティ権その他第三者の権利を侵害するものであった場合、またはこれに関連して紛争が生じた場合、当社は一切の責任を負わないものとし、ご自身の負担によりこれを解決いただきます。

応募いただくにあたり、ご記入いただきました個人情報は、採用・不採用のご連絡、不明点等があった場合のお問い合わせや確認の為のご連絡、情報のご案内のために利用させていただきます。また、適切な安全管理を行い、漏洩防止に努めます。

できる集めを開始します。

「できる集め」を開始します。

▼そっとほっと通信に掲載する弊社広告です。
できる集め

「自分のできる事」
「自分のやりたい事」

そのどちらかを宣言してもらい、紹介していくことで、
人と人が繋がりやすい関係を作っていきたいと思っています。

ブログと紙媒体の両方を利用したサービスです。
詳細は、もうしばらくお待ちください。

富山スマートドライバー

弊社が立ち上げを協力している富山スマートドライバーが、毎日新聞に掲載されました。

富山スマートドライバー

▼富山スマートドライバーの詳しい情報はこちら
http://toyamasmartdrivier.blogspot.com/

萌え巴ちゃん

萌えキャラ巴の年賀状

毎日新聞に掲載。

小矢部のシンボルキャラクター「メルギューくん」と来年の干支「兎」とのコラボイラストを製作。
巴御前と兎との萌えキャラもツイッターで知り合った方に製作していただきました。

官学連携 小矢部エアタグ事業

小矢部市と富山県立大で
セカイカメラのエアタグを利用した観光事業
弊社が運営に携わっています。

▼北日本新聞より
メルギューくんエアタグ事業

▼クロスランドおやべでの撮影風景

パターゴルフを楽しんで、
メルギューくんエアタグ事業

ミニSLに仲良く乗って
メルギューくんエアタグ事業

カフェ・ド・ドゥ・ドゥ・ドゥで食事
メルギューくんエアタグ事業

クロスランドタワーに登る。
メルギューくんエアタグ事業

ネット使ってまちおこし

毎日新聞に弊社の取り組みが掲載されました。

毎日新聞取材記事

異業種交流で商品開発

農商工連携促進塾にて
イチゴを使った商品開発を目指す

農商工連携促進塾イチゴおにぎり

11月2日 北日本新聞より抜粋

義仲くんと巴ちゃんお切手発売

義仲くんと巴ちゃんお切手が発売することになりました。

義仲くんの切手発売

毎日新聞 10月8日の記事。

セミナーのお知らせ ボードゲームで学ぶ企業経営

ヤマシナ印刷株式会社では、当社主催のセミナーを開催致します。
どなたでも参加可能です。
詳細をご覧下さい。

ボードゲームで学ぶ企業経営

日時:9月16日(木) 9時〜12時
場所:ヤマシナ印刷(株)
   富山県小矢部市鷲島37-2 TEL 0766-67-0627

■講師紹介

福井 信英

 株式会社プロジェクトデザイン 代表取締役
 東洋経済オンライン コラムニスト
 GIFT-Japan事務局 メンバー
 富山県立富山中部高校卒 慶応義塾大学商学部卒

株式会社プロジェクトデザイン 福井信英

ビジネスに興味があり大学3年次にベンチャー企業で働き始める。そこでの経験を通じ、小規模事業主にとっての営業とマーケティングの重要性を実感。大学卒業後は経営コンサルティング会社に就職。
その後、学校法人のコンサルティングを手がけたことをきっかけに、採用・人材育成支援を行う(株)ジョブウェブに転職。以降、新卒事業部長、キャリア支援事業部長を歴任。中でも体感型の研修コンテンツの作成に力を入れ、東証一部上場企業及び、急成長中のベンチャー企業を中心に、開発したコンテンツが続々と導入される。
2010年、株式会社プロジェクトデザインを設立。

▼月間10万PVを超える個人Blog 人と組織とfukui'sblogを運営。
 URL http://fukui.livedoor.biz/


今回用いるのは、企業向けの研修ゲーム「THE・商社」です。

【内部環境の理解】
このゲームはチーム戦です。1チームあたり4〜6人でグループを組み、それぞれ特徴のある商社を受け持ちます。自チームが受け持つ、商社の特徴(内部環境)をいち早く理解し、それを活かした戦略を描くのが勝利に向けたひとつのキーになります。

【ビジネスを成立させることで、新たなビジネスチャンスを掴む】
各チームにはビジネスのネタとなる「ビジネスカード」、ビジネスを成立させるために必要な「資源カード」、若干の資金が配られます。これらのカードや資金は「他チームとの交渉」か「ビジネスを成功させる」ことでしか得られません。
知らず知らずのうちに、様々な交渉技術が駆使されるようになります。取引先とのwin-winを実現するスキームをいかに描くか。それがこのゲームのポイントです。

カードゲーム the 商社

【変化する環境を利用する力が身につく】
経済系のゲームの共通点は、最初は資源に限りがあるものの、打ち手がうまくなれば資産が増え選択肢が増えること。
小さな成功をもとに、大きな挑戦をする。この図式は現実のビジネスでも同じです。事前にゲームで経験を積んでおけば、実際のビジネスでも、いま何をすべきタイミングなのか、客観的に考えることができることでしょう。

【「成功の方程式」を探すようになる】
どんなビジネスでも、成功している人は自分なりの「成功の方程式」を持っています。投下するコストに対して、リターンが計算できるからこそ、他の人がやらないことを地道に続けることができる。あるいは思い切った予算をかけることができる。
どんなゲームにも、「成功の方程式」があります。それをいちはやく見つけ、利用することができればゲームは勝つことができます。この「成功の方程式」を見つけ出す訓練に役立つことでしょう。

【数字と論理でものごとを考えるようになる】
ゲームには運の要素もつきものですが、どんな打ち手が多くのリターンを得られるのだろう。というちょっとした計算をする人が中長期的には強いです。

他にもメリットはありますが、ゲームを利用したビジネスシミュレーションはMBAなど専門教育を行うところでも積極的に取り組まれています。
是非、楽しむために、学ぶためにこの機会を活用頂ければと思います。

チラシ(PDF)はこちら
チラシ ボードゲームで学ぶ企業経営


〈問合せ〉
山科 森(やましな しげる)
携帯:090-8097-8028
Mail:shigeru.yamashina@gmail.com

メルギューくんオリジナルデザイン制作

富山県小矢部市のヤマシナ印刷株式会社では、
小矢部市のシンボルキャラクター「メルギューくん」を利用したオリジナルデザインを制作します。

メルギューくんカラオケバージョン

上記は「おやべカラオケ歌謡祭」のチケットのデザインとして制作。
いろんなパターンのデザインを制作します。
お気軽にお問い合わせください。

ヤマシナ印刷株式会社
TEL 0766-67-0627
info@yamasina-print.co.jp

詳しくはこちら
http://www.startaro.com/shop/products/detail.php?product_id=168

高校合格おめでとうございます。

ヤマシナ印刷では、
3月18日の富山新聞に高校合格おめでとうという企画で広告を掲載しました。

富山新聞3月18日

地元の石動高校の欄の横に、義仲くんと一緒に広告を掲載。

義仲・巴御前キャラクター

富山県小矢部市のヤマシナ印刷が運営をサポートしてる
小矢部市地域SNS「Oyabe Local SNS」から発信されたという紹介で、
3月10日の北日本新聞朝刊にキャラクターが紹介されました。

北日本新聞掲載キャラクター

紙面左下のキャラクターがそうです。
「義仲くん」と「巴ちゃん」

実際は、小矢部の養鶏家とつかさ屋が協力して生まれた「ありがとうプリン」のパッケージデザインとして制作したものです。

メルギューくんと並べても似合うように考案しました。

日本経済新聞に掲載

富山県小矢部市、ヤマシナ印刷のスタッフ
山科森が日本経済新聞に取材をうけました。

日経新聞掲載

山科は、小矢部市の地域SNS「Oyabe Local SNS」を運営。
SNSとECサイト、ツイッターを利用して地域活性化のヒントを探る。

おやべSNSのツイッターはこちら
http://twitter.com/OyabeLocalSNS

ヤマシナ印刷公式ツイッター公開

富山県小矢部市鷲島のヤマシナ印刷株式会社は、
公式のツイッターを開始した。

ツイッターを利用して、今まで以上に一人一人とのコミュニケーションを大切した会社運営を心がけていく予定。

ヤマシナ印刷公式ツイッター


iphoneを利用して営業の堀内がつぶやく。
将来的には、動画や画像も投稿し、現場の裏側などを公開しながら、目に見えるコミュニケーションを実現させたい。

サイトはこちら
http://twitter.com/YamasinaPrint

記事 富山新聞

富山県小矢部市、ヤマシナ印刷株式会社が運営支援を行っている
Oyabe Local SNS 及び Oyabe Local Shop に関しての紹介が富山新聞に掲載されました。

地元のお店を取材し、メルマガ、WEB、新聞と3つの媒体を利用して紹介しています。
その紙面版「小矢部ローカルかわら版」を北國銀行石動支店でパネル展示していただきました。

SNSのパネル展示

富山新聞

記事全文
小矢部市中央町の北國銀行石動支店で21日「小矢部SNS」を紹介するロビー展が始まり、利用客が普段から利用している店舗の情報にふれている。
ロビーには、小矢部ローカルSNSが今年5月から発行しているミニコミ誌「おやべローカルかわら版」が展示され、訪れた利用客がなじみの店の意外なエピソードや経営者の本音に触れている。企業紹介の映像もテレビで上映している。30日まで。

今までは「かわら版」はこちらでご覧頂けます。
http://www.startaro.com/shop/user_data/shoplist.php

2010カレンダー作成します。

オンデマンド印刷を利用した
2010年オリジナルカレンダーの作成を致します。

2010カレンダー

ラミネート加工も可能です。

年賀状ネット販売間近・・・

ヤマシナ印刷株式会社では、
小矢部市のシンボルキャラクター「メルギューくん」を利用した年賀状をインターネットを通じて販売する予定。

来年は寅年。

それにちなんで、メルギューくんが寅の服を着たオリジナルデザインになっている。

メルトラ年賀状1

メルトラ2

同時に、今年初めての試みでスタートさせた
年賀状デザインコンペで
見事採用された作品も販売予定。

片面4色カラーで、
100枚 4800円(税抜)

但し、SALE期間中は、割安で販売予定。

販売サイトは、こちら
▼Oyabe Local Shop(小矢部の特産ご紹介サイト)
http://www.startaro.com/shop/

2010年年賀状デザイン急募

ヤマシナ印刷は2010年年賀状のデザインを募集します。



●応募方法
必要事項を記入の上、次のいずれかの方法でご応募下さい。
,海舛蕕離瓠璽襯▲疋譽垢慍菫を添付して送信して下さい。
応募先
info@yamasina-print.co.jp
▲筌泪轡憤刷までCDにてご郵送下さい。
ヤマシナ印刷まで直接お持ち下さい。
<必要事項>
1.氏名
2.住所
3.電話番号
4.E-mail

【画像データの場合】
ファイル形式/JPEG形式
100mm×148mm
解像度150dpi以上
※拡張子を必ずつけて下さい。
※ファイル名は必ず半角英数字を使用して下さい。
※採用が決まりましたデザインについては、高解像度画像・編集可能画像(Illustrator・Photoshop等)でデータを再度お送りいただきます。

【手書きの場合】
折り目や汚れがつかないように取扱い・郵送時に注意して下さい。

郵送先
〒932-0821
富山県小矢部市鷲島37-2
ヤマシナ印刷株式会社
TEL.0766-67-0627
FAX.0766-68-1789


●賞金
.妊競ぅ鷓陵傳嬰世砲弔図書カード500円分

⊆注件数に応じて2件ごとに図書カード500円分
(例えば、あなたのデザインが4件の注文をされれば図書カード1000円分の獲得となります。但し、3件の注文なら図書カード500円分となります。)

受注件数がトップのデザインには賞金10000円


●応募締切
平成21年10月31日(土)


●募集規定
特に規定はございません。自由なアイディアで製作していただいて結構です。点数も何点でもどうぞ。
但し、応募者本人が著作権を持つ未発表の作品に限ります。イラストのレイアウトについては、住所や名前が印刷されますので考慮のうえ作成して下さい。


●採用点数
約20点


●デザイン採用について
採用作品は2010年年賀状印刷及び販売促進以外には使用いたしません。
不採用となった作品に関しましては、無断使用・転載・流出などは一切いたしません。審査終了後に破棄させていただきます。
採用決定後の作品については、印刷用画像への変更のため、デザイン・レイアウト・イラストの修正をお願いする場合がございます。


●著作権について
採用作品の著作権はヤマシナ印刷株式会社に帰属します。(採用賞金の図書カード500円分には版権代を含みます。)
応募いただいた作品が著作権その他知的財産権、肖像権、パブリシティ権その他第三者の権利を侵害するものであった場合、またはこれに関連して紛争が生じた場合、当社は一切の責任を負わないものとし、ご自身の負担によりこれを解決いただきます。


●個人情報の取り扱いについて
応募いただくにあたり、ご記入いただきました個人情報は、採用・不採用のご連絡、不明点等があった場合のお問い合わせや確認の為のご連絡、情報のご案内のために利用させていただきます。また、適切な安全管理を行い、漏洩防止に努めます。

ポスターのPDFデータはこちら

小矢部シンボルキャラクター入り名刺

ヤマシナ印刷では、小矢部市のシンボルキャラクターをデザインの一部に利用した名刺の作成を開始しました。
小矢部シンボルキャラクター利用

販売は、小矢部ローカルショップで購入することができる。

デザインは、お客様のご要望に合わせて作成します。
基本は表面カラーです。
裏面もご希望により印刷可能です。

価格は、通常価格と同じ。


デザインサンプルはこちら
小矢部シンボルキャラクター名刺

詳しくは、こちらをご覧下さい。
http://www.startaro.com/shop/products/detail.php?product_id=61

記事 富山新聞

 「自由帳」の寄付に関しての記事

 富山新聞に携帯されました。

 2009年5月9日(土)

自由帳 富山新聞記事

記事 北日本新聞

 「自由帳」寄付についての記事

 北日本新聞に掲載されました。

 2009年5月9日(土)

自由帳 北日本新聞記事

記事 北陸中日新聞

「自由帳」の寄付についての記事

 北陸中日新聞に掲載されました。

 2009年5月9日(土)

自由帳 北陸中日新聞記事

自由帳の詳細

ヤマシナ印刷が小矢部市に寄付させていただきました「自由帳」の詳細です。

 ●サイズは、B5です。
 ●ページ数は、約60ページ。
 ●表紙はカラーオンデマンド印刷(※)。
 ●デザイン
   ・表は小矢部市のシンボルキャラクターの塗り絵
   ・裏は「ひらがな」を使った迷路
 ●表紙の色は4種類(赤、青、緑、オレンジ)
 ●紙はすべて不用紙を利用しているため、
  一冊づつ、違います。
自由帳 赤

自由帳青

自由帳緑

自由帳オレンジ


(※)カラーオンデマンド印刷とは…

 ヤマシナ印刷では、小ロット、低価格でカラー印刷が可能な
 オンデマンド印刷を導入しています。

 詳しくは、こちら
 http://blog.yamasina-print.co.jp/?eid=24859

自由帳の寄付に関しての経緯

ヤマシナ印刷では、オリジナルの「自由帳」を作成し、小矢部市に寄付することにりました。

経緯は次のとおりです。

─────────────────────────────

「自由帳」寄付に至る経緯について

 このたび、小学生が学校や家庭でご利用頂ける「自由帳(白無地)」を作成し、小矢部市に寄付させていただく事になりました。その経緯を述べさせて頂きます。

 環境問題が大きな社会問題となっている今、紙を大量に印刷し、大量に消費して頂いて初めて成り立つ印刷業界にとって、環境について最大限の関心を抱き、可能なかぎり低環境負荷型の経営体制を整える必要があると考えています。

製版から印刷、製本までの工程ででる使用済みの「紙」に関しては、専門のリサイクル業者に依頼し、引き取って頂いております。

 ただ、まったく利用していない新品の「紙」も不用物として溜まります。

 それは、お客様のご要望によって、紙の色、重さ等の異なるいろいろな種類の紙を利用しますが、必要量よりも必ず少し多目に紙を仕入れ、印刷物を作成します。

 そのときに、余るのが「新品の紙」となります。

 今までも、この「新品の紙」を活用すべく、おやべSNS(インターネットサービス)やチラシを利用し、欲しいという方に無料で差し上げていました。

 それでも、まだまだ在庫があり、何かいいアイデアはないかと考えていました。

 そんな折、学習用ノートの作成をある団体に提案したところ、予想以上の好評価を頂き、そのときに思いついたのがこの「自由帳」です。

 まだまだ働けるのに活躍の場もなく倉庫に眠る「新品の紙」たちを、社会に貢献できる形で再生してあげる。

 もともと、捨てられるはずだった運命の「紙」です。

 ぜひ、未来を担う子供たちに活用していただきたいと思い、地元、小矢部市内の小学校への寄付を決定いたしました。

 小矢部市内の小学校に配付頂き、ご活用いただければ幸いです。

 「紙」も喜んでいるように思えます。

 これからも生活応援隊として、地元への貢献を視野に入れた活動を可能な限り提案し、地元密着型の愛される企業へと邁進していきたい所存です。

以上